想像は無限大 一緒に木登りしてみよう 「おおきなきがほしい」

投稿日:

「おおきなきがほしい」 ぶん・さとうさとる/え・むらかみつとむ 1971年発行

CIMG0253

大きな木に憧れる男の子かおるのお話。

その大きな木は実在する訳ではありません。

かおるの心の中で広がる大きな素敵な木なのです。

 

はしごを使わなければ登れない太い幹。

幹には洞穴があって枝の分かれ目には、ツリーハウスがあるのです。

ツリーハウスの中には椅子やテーブル、台所も。一人で料理だってできちゃう。

はしごはまだまだ上に続いていて、見晴し台につながっています。

遠くの山まで見渡せて、家も車も小さく見えるのです。

 

息子が年長の時、よく読んで聞かせたお話です。

かおるの果てしない想像が語られていくのですが「うんうん、いいよね」「ぼくも登りたい」と気持ちが自然に入り込みます。

木を登っていくお話なので、途中から絵本を縦にして、てっぺんの見晴し台までたどり着く構図もおもしろい。

かおると一緒に大きな木を登っていく感覚が味わえます。

 

生協のカタログで目にして、絵に懐かしさを感じ購入した本です。

四季折々の風景の移り変わりや動物や昆虫が生き生きと描かれていて、かおるの心の中が鮮やかに表現されています。

お話自体は少々長いので、読み聞かせる時は大変なのですが、子供ならずとも「こういう木っていいなあ」と思ってしまう。

自分の隠れ家がある大きな木は、きっとみんな欲しいはずです(特に男子は)。

 

かおるが語る詳細な想像を「いいね〜」と聞いてあげるお父さんとお母さん。

どんな夢物語でもいい。

子供の話は「おもしろいね〜」って聞いてあげれば、かおるみたいに心豊かな男の子になるのかななんて、久々に読み返し感じる私でした。

アドセンス336

アドセンス336

-
-,

Copyright© 子育て世代のおもちゃ選び , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.