ジャングルジム 体使うおもちゃ

お値段高めですが我が家で購入したお部屋用ジャングルジムの満足した点

投稿日:

ジャングルジムは、私が子供の頃公園で大好きだった遊具です。幼い私にとっては、まるでお城のようにそびえたつ存在感がありました。
階段状になった足場は、手でつかみ、足をかけて踏ん張ってよじ登りました。

そういえば、最近近所の公園にはジャングルジムなど大きな遊具が減ったように思います。ちょうどそんなことを考えていた頃に、ネットでみつけました!お部屋の中で組み立てられるジャングルジム『白いわんぱくジム』です。

白いわんぱくジム

つかまり立ちの赤ちゃんから5才くらいまで幅広く遊べ、成長に合わせて組み方を4通り(ベビーサークル、ジャングルジム入門編、ワイドジム、4段タワー)に変化させることができます。

小さいですが取り外しのできる滑り台までついているので、体を動かすことが大好きな子供達にとっては大満足の遊具です。

バラバラなパーツが段ボールに入り、組み立て書とともに送られてきますので、組み立ては自分ですることになるのですが特別な工具も必要なく、筒状の段ボール素材の棒をジョイントとつなぎ、組み立てていけば大丈夫でした。

気になるサイズですが、あまり場所をとらない形がよかったので、私は最初から1番ワイドが狭い4段タワー(約W97×D184×H128)をつくりました。

ちなみにこの時は長女が2才前、次女が産まれてくる時期だったのであまり外出できなくなると思い、少しでも体を動かせる遊具があれば娘も喜んでくれるのではないかと期待していました。

結果は、思っていた以上でした!

初めはよじ登るのもやっとという状態でお尻を支えながらでしたが、徐々に慣れてくると上手くバランスをとれるようになり自分から上に登りたがるようになりました。

部屋の間取り事情から、ワイドジムなど変形はしませんでしたが、4段タワーで2才からずっと飽きずに遊んでいます。4年経った今でも、姉妹仲良く「ごっこ遊び」のお家として秘密基地のような役割もしています☆

白いわんぱくジム

少しお値段高めですが買って正解でした!これから梅雨の季節、お外で遊べないときのお部屋の遊具としてもオススメです。

お部屋で体を使って楽しく遊べ、足腰の発達の手助けにもなれば嬉しいですね。

アドセンス336

アドセンス336

-ジャングルジム, 体使うおもちゃ

Copyright© 子育て世代のおもちゃ選び , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.