小さくても元気に頑張る君に 「しょうぼうじどうしゃじぷた」

投稿日:

しょうぼうじどうしゃじぷた(こどものとも傑作集)渡辺茂男 さく 山本忠敬 え 福音館書店 1963年発行

CIMG0262

町の消防署にある消防車「じぷた」のお話。

じぷたは、古いジープを改良した小さな消防車。

小さな車体に小さなポンプ、大きな消防車に比べたら、サイレンだってなんだか貧弱な音。

大きなはしご車やポンプ車達は、ビルの火事に出動できるのに、じぷたはぼやとか小さな火事ばかり。

町の子供達も、大きなはしご車達のことは注目するけど、じぷたのことは誰も見てくれない。

悲しくて惨めな気持ちになるじぷた。

 

そんな時、隣村で山小屋の火事が発生。

道が狭い山道は、大きな車じゃ登れない。

さあ、出動するのは・・・

 

息子がトミカにハマっていた頃、購入した絵本です。

働く車が大好きな男の子は、消防車が出てくるだけでワクワク。

車が細部までリアルに描かれているので、トミカのはしご車を持ち出して一緒に眺めていた息子です。

 

誰かと比べて自分のことがちっぽけで役立たずに思える時。

みんなの注目は、派手に活躍する人ばかりに向いている。

地道にやってる自分のことなんて、誰も気づかない。

小学生くらいになれば、じぷたのような気持ちを経験していくのかな。

でも、自分が輝ける場面は必ずあること。

頑張っている自分を見ていてくれる人が必ずいること。

この絵本には、そんなメッセージが込められているのかもしれません。

 

なんて、教訓めいたことを考えるのは、大人の勝手ですね。

 

車好きな男の子は、是非読んでみて欲しい1冊。

最近のハイパーな消防車ではないけれど、レトロな働く車もお楽しみあれ。

 

(読んであげるなら4才〜自分で読むなら小学校初級)

アドセンス336

アドセンス336

-
-,

Copyright© 子育て世代のおもちゃ選び , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.