ねないこだれだ

投稿日:

写真1

この絵本との出会いは、私がまだ保育園児だった頃でした。

お昼寝の時間に、なかなか眠らない子がいると、保育士の先生が読んでくれました。

 

小さな子供向けの絵本なので、文字も少なく、わかりやすい絵で構成されています。

切り絵のような絵は、モチーフを単純化して子供にも分かりやすく、幼心に、この絵本に出てくるお化けを怖がっていたことを覚えています。

 

写真2

 

よなかに あそぶこは おばけに おなり

おばけの せかいへ とんでいけ

 

この一節とお化けの絵が、鮮明に記憶に残っていて、子供が生まれた時、この絵本を子供に読み聞かせてあげようと思いました。

怖がらせることが目的ではなく、夜はしっかりと眠ることを自然に教えてあげられると思います。

 

うちの娘はまだ6カ月で、もっと小さかった頃は絵本を読んでも何の反応も示さず、こちらもあまり楽しむことができませんでした。しかし、お座りができるようになったころから、少しずつ絵に興味を示すようになり、今では私の膝の上で楽しそうに絵本をめくったり、絵をじっと見つめるなど、様々な反応を見せるようになりました。

一人で絵本を読めるようになるまで、長い時間、親子で楽しむことができると思います。

 

写真3

アドセンス336

アドセンス336

-
-,

Copyright© 子育て世代のおもちゃ選び , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.