春におすすめ 大人も癒される 名作絵本 「いちごばたけのちいさなおばあさん」

投稿日:

いちごばたけのちいさなおばあさん

わたりむつこ作  中谷千代子 絵  こどものとも傑作集 福音館書店

CIMG0200

 

 

春、いちごが真っ赤に色づくのはなぜでしょう。

いちごばたけの土の中には、ちいさなおばあさんが住んでいて、いちごの実がなると、実に赤い色をつけていくのです。

おひさまの光をあびた水に、緑の石の粉を入れると赤い色ができ、おばあさんがひとつひとついちごを染めていくお話。

 

私が子供の頃読んだ絵本で、本屋で見つけ懐かしさのあまり即購入しました。

昔、祖母の畑の隅にいちごが植えられていて、いちごの実がなるたび「ちいさなおばあさんが色をぬったんだ」と思って眺めていました。

とにかく絵が素敵です。夕日に染まる畑の風景は、どこか物悲しく、ノスタルジックな雰囲気。

静かで、しっとりとした内容は、大人も心が癒されます。

寝る前の読み聞かせにはぴったりかもしれません。

いつもは笑える絵本が大好きな我が家の娘達も、じっと聞き入っています。

いちごを食べる時に、絵本のおばあさんを思い出してる様子は、昔の自分を見ているようで、うれしくなりますね。

1973年に発行され、長い間読み継がれている絵本です。

親子で同じ絵本の思い出を共有できたら素敵ですね。

春、いちごの季節におすすめの1冊です。

(読んであげるなら 4才から 自分で読むなら 小学校初級むき)

アドセンス336

アドセンス336

-

Copyright© 子育て世代のおもちゃ選び , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.