昆虫好き男子&プロレスマニアなパパ 熱き男達への1冊「むしプロ」

投稿日:

「むしプロ」  作/山本 孝  教育画劇 2006年発行

CIMG0261

タイトルだけ見ると「これ何のこと?」って感じですね。

虫のプロフェッショナル?いえいえ「虫のプロレス」なのです。

リングは真夏のオオクヌギの木。

大好物の甘い木の汁をめぐって、カブトvsクワガタの戦いが始まるのです。

昆虫好き男子にはたまらない各種カブト&クワガタが繰り広げる5ラウンドマッチ。

謎の覆面レスラーまで登場し、本文はプロレス実況そのもの。

 

息子が保育園の頃、ちょうど「ムシキング」というアニメが流行っていて、カブト虫やらクワガタ虫にハマっていた頃購入した絵本です。

タイトルと劇画調な絵に惹かれ手に取りましたが、中身を見て親の私がまず大ウケ。

「おお〜っと!!なんということでしょう!!!」

読み聞かせは、実況古館伊知郎の気分。

実際カブト虫やクワガタ虫を飼育していると、餌やメスをめぐったバトルは虫かごの中でも起こります。

そんなシーンを目にしている男子にはたまらない。

 

でも最近気がつきました。

今の子供達はプロレスってよく知らないのかも。

ゴールデンタイムにプロレスなんて昔の話、古館さんも「報道ステーション」の真面目なキャスターだし。

でも戦いに挑む熱い男心は、プロレス世代でなくても通じるはず。

ちなみに夕べ娘達に読んでみたところ、反応はイマイチ。

万人ウケはしないけど、今年の夏、本棚にいかがですか?

(カブト虫は卒業した息子ですが、最近深夜のプロレスを録画して見るように。昆虫マニアからプロレスマニアに進化しております。)

アドセンス336

アドセンス336

-

Copyright© 子育て世代のおもちゃ選び , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.