トミカ・プラレール ピタゴラ装置

ピタゴラ装置第2弾 スーパーオートトミカビル編

投稿日:

我が家の4歳の息子。

赤ちゃんの頃から車や電車など乗り物が大好きで、ハイハイを始めた頃から少し大きめの車に手を乗せて、押しながらハイハイしたり、ミニカーを並べて横からジーッと眺めたりと、日々楽しんでいました。

 

そんな息子の2歳の誕生日、少し早いかもしれないけど楽しめるかなぁ、と「スーパーオートトミカビル」をプレゼント。

今回はポイントが貯めたく、イオンで購入しました。

20151203_132033

座ると同じくらいの背丈の大きなタワーにびっくり!しながらも、目をキラキラさせながらミニカーを乗せたり入れたりと、夢中で遊び始めました。

20151203_132210

ミニカーが自動で昇り、坂道を勢いよくぐるぐると走り降りる様子は、大人が見ていても結構楽しめます。

走らせるだけでなく、ガソリンスタンドもあったり、右下のオレンジの部分の駐車場にミニカーを入れてふたを閉め、ボタンを押すと勢いよくミニカーが飛び出してきたりと、プラスの楽しみもあります。

また、これと関連したトミカの「にぎやかドライブ」と「やまみちドライブ」の道路のおもちゃと連結もできるので、更に大きなドライブ遊びができます。

息子も、飽きないの?と思うぐらい毎日のように色々なミニカーを乗せて走らせ、夢中になって繰り返し遊んでいました。

 

月日は流れ、乗り物好きは変わらずとも、トミカビル遊びは時たまとなった昨今、突如、息子がNHKの「ピタゴラスイッチ」の「ピタゴラ装置」作りに目覚めました。

積み木やブロックや、これまで日の目を浴びることのなかったおもちゃたちもあれやこれやと引っ張り出し、次々と新しい装置を作り始めました。

その道具の一つとして、トミカビルが再び脚光を浴びることに。

20151203_132426

今回は靴ベラ、糸巻きの芯、壊れたおもちゃの車のタイヤ部分、そして母自作のピタゴラフィニッシュの積み木を並べ、靴ベラの頂点からビー玉を転がす、といった具合。

なかなかフィニッシュにたどり着けず、「おかしいな~?」と悪戦苦闘しつつも息子なりに調整を続ける様子は、親としてはかわいらしくもあり、頼もしくも見えます。

 

ただひたすら車を走らせて遊んでいた2年前は、まさかこうした遊び方、活用の仕方をするようになるとは想像すらできませんでしたが、工夫次第で色々な遊び方ができるトミカビルを購入して、本当によかったなぁ~と思います。

20151203_132754

たまに、ひたすら大量のビー玉を転がしてキャッキャと楽しんでいます。

アドセンス336

アドセンス336

-トミカ・プラレール, ピタゴラ装置

Copyright© 子育て世代のおもちゃ選び , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.