切り絵の美しさと七五のリズムに魅せられる「むしのあいうえお」

投稿日:

「むしのあいうえお」 切り絵とことば 今森光彦 童心社 2006年発行

CIMG0235

50音を頭文字に、七五調の言葉で虫の様子を表現する絵本です。

息子が小学1年生の時、友人からプレゼントでいただきました。

絵は、全て切り絵。

昆虫図鑑と比較しても遜色はないほどの緻密さに驚きます。

蝶の羽の模様一つ一つ、トンボの足の一節一節、季節を彩る草花も全部切り絵。

本当に綺麗。

大人は、まずこの切り絵の美しさに目を奪われますが、子供は虫を表現した七五調の本文が気に入るようです。

「あ」のページは、水面に浮かぶあめんぼの絵と「あめよふれ あめんぼすいすい あめのこども」といった具合。

実は、プレゼントされた息子よりも、娘達がお気に入りの本です。

2才ぐらいの時、ひとつひとつページをめくりながら読んであげると、ツボに入る文があるようで、何度も同じ文を読むようにせがまれました。

なぜか読むと大笑い。

ちなみにその文は「すいすいすい すもぐりめいじん げんごろう」

理由はいまだに分かりませんが。

七五調は耳にすんなり入ってきて、子供にとっても気持ちいいものなんでしょうね。

巻末には本文中に登場する虫の解説が載っています。

見たことのない虫もたくさん登場しているので、昆虫図鑑を片手に虫の研究も面白いですよ。

本文は全部ひらがなで書かれており、どのページも見やすい字で3行程度。

ひらがなを読めるようになった娘達は、自分で読める楽しみも感じているこの頃です。

我が家の本棚人気ナンバー3には入るので、背表紙は破れボロボロですが、修復を施しつつ、まだまだ頑張ってもらいたい1冊です。

アドセンス336

アドセンス336

-
-

Copyright© 子育て世代のおもちゃ選び , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.